もちろん、「走る」のほうなんですけどね!

「走る」のと「歩く」の、どっちが痩せる?という問いをよくネットでも見かけます。
答えはもちろん「走る」でしょう。そんなのわかってるワイ!

って私も思います。

でも、実は、「歩く」でも十分に痩せることは可能だと思います。

 

私は有酸素運動ほぼ「ナシ」で痩せてきた

というのも、アラフィフに突入した管理人ゆうひがダイエットを始めた時、走ろうと思ったけど、「思った以上に走るのが苦痛」でした。

「苦痛だからやらない」というと超ダメ人間みたいでツライんですけど、そうじゃなくて多分体重と体脂肪がある程度増えてしまったら、走るのってかなり難易度高くなると思うんですよ。

それもその難易度が高くなってしまったラインって、自分が想像していた以上にあっという間に来ましたね。

 

例えば、私、中学生の時は陸上部だったんですよ。運動神経は悪くなかったと思うし、走るのはすごく早くなくても、遅くはなかったと思居ます。痩せていたので運動好きでしたし。

そのまま20代になり、運動は好きなまま。でも気がついたら体重はむくむく増えて、40代。55キロを超えたころには、もう「運動キライ。」って言うようになってました。

そして、60キロの大台を迎える頃には「走るのしんどい。息切れひどい」と。

運動好きだった人も、体重が増えて筋力もなくなると運動キライになる。これは加齢とももちろん関係ありますけど、認めてしまったほうが楽ですよね。

 

皆さんの今の体重と体脂肪はどれくらいですか?

走るの、好きですか?楽ですか?

 

走るのが得意。好き!という人は、間違いなく「走る」ほうが体脂肪はいいスピードで減ってきますのでオススメ!

でももし、体重がけっこうある、走ると膝とか痛い。走るのがツライ、キライ、苦手だったら、歩くので全然大丈夫だと私の体験から、言えます!

「その、歩くのもキライなんだよ!」って?

わかります。めちゃわかります。私も歩くのも嫌いでしたから。

でも、これは、間違いなく食の改善で体重が減ってきたら、歩くのは楽勝になりますからね。

 

ボディメイクのプロも有酸素は薦めない。

 

実は私が通っているパーソナルトレーニングのトレーナーも
「有酸素運動は、やらなくても減量は可能」と断言しています。

※期間限定で体重と体脂肪を落とさないといけない場合は別。(ブライダルダイエットや、コンテストなどの競技のための減量など)

 

なぜ、トレーナーが有酸素運動を積極的に勧めないのか。

その大きな理由が、

有酸素運動で痩せることはできるがリバウンドにつながりやすい」ということなんですね。

有酸素運動は辞めたらその瞬間からリバウンドが始まると、怖いことを言う説もあるくらいです。

それなら、無理やりにつくる有酸素運動の時間や労力よりも、日常生活で「歩く」を取り入れる生活習慣を手に入れるほうが、長い目で見たら、人生最後のダイエットにふさわしいんじゃないかなって思います。

私も、自分の中で「痩せることにおいては、運動の順位は一番低くしておく」ということは最近特に思うようになりました。

 

走らなくても痩せられます!嫌なことはやらずに痩せたいですよね!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク