スポンサーリンク

 

あーー、日本に生まれて、良かった!お伊勢様ってホントに素晴らしい!

 

 

毎年11月に伊勢神宮へ行くというのを目標にしていたのですが、今年も行くことができました。

 

初日は雨。雨の外宮(豊受大神宮)参拝

 

昨年は、家族と親戚が一緒だったので内宮のみの参拝。

今年は夫と二人だったので、ゆっくりと時間を取って、外宮(豊受大神宮)から内宮(皇大神宮)を巡ることにしました。

 

宿は外宮に近い伊勢市駅目の前の「伊勢神泉」さんにしました。

外宮にお参りするのは初めて

実は今回伊勢神宮の「外宮」に行くのは初めてでした。
でも本来は外宮からお参りするのが正式なお参りの方法だということだったので、外宮からお参りしたかったんですよね。

 

今回は一泊して十分に時間があったので、外宮・内宮の他、別宮などにも参拝しましたのでご紹介しますね。

 

伊勢神宮の白い御帳の不思議


と、その前に、皆さんは伊勢神宮でお参りする際、「白い御帳(みとばり)」が風でふわーっと上がることがある、というお話を聞いたことってあるでしょうか?

私も以前は全然知らなかったのですが、去年その話を誰かにきいたかネットで見たかして、昨年の参拝の際、とてもドキドキしていたんですよ。

 

すると昨年は、正宮でのお参りに私達の順番が来た時、神様の方(内側)からふわーっと御帳が上がり、私達の順番が終わったあともしばらく強い風が起こってずっと御帳が上がったままでした。

その時の感動は忘れられません。
なぜかわからないけれど、自然と涙が溢れてきました。

 

そして、今年。

心のなかでは、「またあのように御帳が上がって神様にうけいれてもらっている、という気持ちになりたい」や、

もし上がらなかったとしても、がっかりはしないようにしよう」とか、邪念が湧いたりして、これまたドキドキでした。

 

 

 

さあ、どうなったのでしょうか?

長くなったので続きは明日のブログで。

ってもったいぶってスイマセン!!

スポンサーリンク