やっぱり箱根を知らずに温泉は語れない!

 

先日、箱根に行ってきました。

私は「開運」と聞けば何でもやってみることにしていまして、「パワースポット」はよくチェックしていますし、
金運アップ」「財界人も参拝」などと聞くと、特に興味津々です!

箱根はパワースポットがたくさんあるといいますが、なかでも「箱根神社」と「九頭龍神社」というのはNo.1とNo.2と紹介されているみたいで、
一度行ってみたかったんですよね。

で、今回その参拝を叶える事ができました~!

そこで、今回は箱根のパワースポットに興味がある方に
「初めての『箱根パワースポット巡り』ガイド」的なことを書いてみようと思います!

あくまでも、「箱根が初めて!」「箱根の神社で開運!」というような薄ーーーーい記事になっておりますので、
それ以外の内容が知りたい!という方は、飛ばしてくださいね(^^)

 

箱根神社

箱根神社は何と言っても、「関東総鎮守」と言われるほどの由緒ある神社です。
箱根神社の由来や詳しい説明などは詳しいサイトなどもたくさんありますのでぜひ色々読んでみて下さい♪
とても
テンション上がること間違いなしです♪

そこで、初めて箱根神社に行った私が感じためっちゃ個人的なことなどを書いてみます。

箱根神社は、箱根の起点からは距離がある

箱根神社は芦ノ湖のほとりにあります。
箱根に行ったことがなかった私は、まず「箱根」というのがものすごい広大な地域の総称であることがわかってませんでした。
箱根には「箱根二十湯」と言われるくらい様々な温泉があります。

普通の小さな温泉街が二十個ほど集まっている「箱根温泉山」という感じなんですね。
ですので、箱根に交通機関で行った場合の箱根の入り口となる「箱根湯本駅」から「箱根神社」がある芦ノ湖まではバスでも40分ほどかかるのです。
(土日には急行バスもあるそうです)
バスで40分って、まあまあ遠いですので、宿泊するエリアによっては箱根神社へのアクセスは随分変わってくると思います。

箱根神社境内は広すぎず、参拝しやすい。

バスで行くと元箱根という地名があるところに行きまして、「箱根神社入口」というバス停もありますからそこで降りると徒歩5分です。

箱根神社は立派な鳥居や参道がすごく素晴らしいです!そして、境内自体は広大ということもなくて、すごく参拝しやすい神社です。
そして同じ境内の中にある「九頭龍神社の新宮」にもとてもお参りしやすいです。
所要時間はゆっくり見て回っても30~40分、バス停まで芦ノ湖岸を散歩しても1時間あれば大丈夫だと思います。

九頭龍神社 本宮

九頭龍神社に参拝するにはどうしたらいいの?と検索する方も多いのではないでしょうか。
九頭龍神社は素晴らしいパワースポットで特に「縁結び」に霊験あらたかということで女性の参拝者が多いそうなのですが、
金運・開運」にも素晴らしいご利益があるそうです。

私が行ったのは、月次祭の日ではありませんでしたが、オススメの方法がありましたのでご紹介しますね。

 

「月次祭」以外の日の九頭龍神社へのアクセス

九頭龍神社の最寄りは「箱根園」という西武グループのリゾートエリアにほど近い場所にあるんですね。

私達は「元箱根」から遊覧船に乗って「箱根園」に行きました。
(「元箱根」からはバスで箱根園に行くこともできます)

徒歩だと九頭龍神社本宮まで約40分

この「箱根園」から九頭龍神社までが徒歩30分ほどかけて行く事になります。
車やバスなどが通れない森の中なんですね。

ガイドブックやサイトなどには「徒歩20分」と書いてあったりしますが、行ってみるとわかるのですが、
九頭龍神社本宮がある「九頭龍神社の森入り口」までが20分ほどということです。
それもそこそこ歩く力がある人だと思います。
九頭龍の森入り口で入園料をお渡ししてゲートを入ってから、湖畔を歩いて5分強ほどはありますから、20分で参拝までできるというイメージではないかなと思います。

歩く時間がない方、歩く体力がない方には少々厳しいですよね。

モーターボートは一番「楽」「早」

ということで、ガイドブックなどでは、モーターボートがおすすめされています。
モーターボートは箱根園の港から出ていて九頭龍神社本宮の桟橋までつけてくれますので、ほぼ歩かなくても到着します!

そして、入園料500円もかかりません。

ただ、モーターボートは一人2000円なんですね。1隻だと5000円。
家族や友達など多人数で行く場合(※1隻5人まで)はこのモーターボートがオススメですが、私達は夫婦二人でしたので、4000円。
そこそこ高いですよね。

そこで私達が利用したのが、「レンタサイクル」です!

レンタサイクル、オススメ♪

なぜかこのレンタサイクルがガイドブックやウェブサイトに載っていなかったのですが、伊豆箱根バスの案内所の親切な方が教えて下さいました!
箱根園のお土産物店でレンタサイクルが借りられるのです。
なんと電動自転車でございます!

一時間で、一人500円ですが、一時間あれば九頭龍神社には十分往復できますから、入園料と合わせて一人1000円で九頭龍神社本宮に参拝できます。
箱根園から自転車で10分もかからないで九頭龍神社入り口ゲートまでは行くことができますから、ホントに快適です。
ただ、自転車の台数はそれほど多くなかったようです。20台あるかないかくらいだったと思います。
土日や休日はもっと増えるのかもわかりませんが、もしかしたら休みの日は結構レンタサイクルが人気かもしれません。

 

月次祭以外の日に九頭龍神社本宮を参拝したい。アクセスが良くないなーと思っておられる方の参考になれば幸いです。

 

箱根元宮

箱根元宮は「箱根園」から「駒ヶ岳ロープウェイ」に乗って頂上にあるお宮です。
駒ヶ岳ロープウェイは20分に一本くらい出ていますが箱根元宮に参拝するにはこのロープウェイしかありません。
※箱根フリーパスは使えません

頂上は芦ノ湖が見渡せ、景色は最高で「天空のお宮」という感じです!
ただ、平日はこちらの箱根元宮には神主さんもいらっしゃらず、お賽銭箱も置かれていないのです。
御札や御守なども買えないので、平日に訪れる方は御守などは箱根神社で購入されてくださいね。

ですので、箱根元宮は、ただご参拝して、頂上からの絶景を楽しむ、という感じでした。
私達が訪れた時は雲がかかって富士山は拝むことができなかったのですが、お天気に恵まれれば富士山もばっちり見えて、それは素晴らしいパワースポットだと感じることができると思いますよ(^^)

3つのお宮に参拝したい!と思っていらっしゃる方はぜひ参考にしてくださいね。

 

 

箱根神社・九頭龍神社・箱根元宮 三社参りまとめ

「箱根登山バス」と「伊豆箱根バス」を使う

この3つの神社参拝をコンプリートするには、まずバスで芦ノ湖の「元箱根」まで行き、箱根神社を参拝した後は「箱根園」までバスか遊覧船で行きます。
箱根フリーパスだと乗れる芦ノ湖海賊船は「箱根園」には行きませんから、船で行くときは注意してくださいね。

そして「箱根園」というリゾートエリアから「箱根元宮」「九頭龍神社」へアクセスするということになります。

車ではなく、公共交通機関を使って箱根パワースポット参りをする方はぜひ、「箱根フリーパス 時刻表」をお手元に持って行って下さい。
(箱根湯本駅でも置いてます)


※箱根フリーパスは、「小田急運営」の交通機関のみしか使えませんので、上記の「駒ヶ岳ロープウェイ」「遊覧船」「伊豆箱根バス」には乗れません。

この「箱根元宮」「九頭龍神社」に行くための起点である「箱根園」が、西武グループであるため、小田急グループの「箱根フリーパス」を使いたい人にはちょっと不便な感じがしました。

ですが、ここは臨機応変に西武グループさんのバス「伊豆箱根バス」を利用するといいと思います。

私たちは「九頭龍神社」を参拝した後箱根湯本まで帰る時には「伊豆箱根バス」で「元箱根」まで乗り、そこで「箱根登山バス」に乗り換えて「箱根湯本駅」まで帰りました。
もちろん「箱根園」から「箱根湯本駅」まで「伊豆箱根バス」でも帰れたのですが、せっかく「箱根フリーパス」を購入していましたからもったいないですからね。

運賃でいうと「箱根園」から「箱根湯本」まで1130円ほどかかりますから。

元箱根からは「急行バス」に乗ろう!

元箱根から箱根湯本までは「急行」というバスが出ています。

「R」という路線になるのですが、この路線は箱根の各名所を通らず、箱根新道というバイパス道路で一直線に箱根湯本まで帰るバスになります。
なので、目的地が箱根湯本の場合は、この「箱根新道線」を通るのがオススメ!

特に夕方は国道1号線(強羅などを通る道)は交通渋滞が大変激しいそうで、バスを1本でも待ってでもこの「箱根新道」を通る『急行バス』が早いですよ!と教えていただきました。
なんとこの情報を教えてくださったのが、ライバル会社?の西武グループ「伊豆箱根バス」の運転手さんでした。
私たちは、「箱根園」から「元箱根」まで乗っただけだったのに、とても親切に「急行バス」に乗ったほうが絶対いいですよ!とオススメしてくださったのです( ;∀;)

箱根のパワースポットで人の心の優しさに触れて、ホントに箱根って素晴らしい!なんて思いましたね(^^)

 

皆さんも箱根芦ノ湖パワースポット巡りをする際はぜひ参考にして下さいね(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク